2006年09月15日

「お外ってどんな世界?」&私の悩み。

最近、くるみちゃんがケージの外で遊ぶ時間に網戸の外を気にするようになってきました。

20060914_06.JPG


ついでにカーテンを開けてくれたりもします。


20060914_07.JPG


そしてそのうち、カーテンをボロボロにされそうで、ヒヤヒヤしております。


時々ママがくるみちゃんを抱っこして、猫の額ほどのお庭で日光浴をさせてくれるのですが、
外に出るとしっぽを巻いて怖がっているようです。
お散歩デビューで外に出るのを怖がる子もいると本で読みましたが、
くるみちゃんもそうなるのかな?


〜〜〜〜〜ここからジメジメした話になります、ご注意を!〜〜〜〜〜

くるみちゃんが我が家に来て以来、気を張りすぎて正直なところとても疲れています。
口には出さないけど、yossyも同じだと思います。
朝夕の送り迎え、トイレ掃除、ケージ掃除、洗濯etc...

朝起きてう●ちマミレが怖くて、夜中に何度も目が覚めます。

昨日の夜、yossyはゲームをしたままリビングのソファーで寝てしまったのですが、
早朝5時頃に寝ぼけて、くるみちゃんのお尻を拭いていたそうです。
もちろん、くるみちゃんはう●ちしていませんでしたよ。
寝ていたくるみちゃんにしたら、とんだ迷惑です(笑)

想像していた以上に、子犬の世話はとても大変。
うちは共働きの為、日中は母がそんんな大変な思いをしています。

実家でワンコを飼った経験はあるけど、成犬の迷い犬と生後約4ヶ月の捨て犬で、
お外ワンコと最初だけ玄関ワンコ(後に室内ワンコ)だったので、
比較的楽に育ってくれたことに気づきました。

くるみちゃんはオテンバで甘噛みもきつく血が出ることもあり、ゴハンだと分かると
お座りなんて教える暇もなく大暴れだし。
「この子はいつかちゃんと落ち着いて、私達の言うことを聞けるようになるのかしら?」
ととっても不安になります。

もっと楽な気持ちで子犬育てをできればいいのですが、ついつい
心配しすぎたり、過保護?になってしまいます。
こんなこと思ったりして、とてもひどい飼い主だと思いますが、
「yossyと二人の生活が楽でよかったかなぁ〜。」と思うことも。

心配しないで下さいね!くるみちゃんは家族の1員だもの一生大切に育てていきますから♪

早くくるみちゃんがいる生活に私たち夫婦も慣れなければいけない
と思う今日この頃です。
そして、シャンと構えて、自分達のペースを崩さないように、ワンコ中心に
なってはイケないなぁとも思ってます。

弱気な話になってしまいましたが、思ったことを書ける場所が
あるというのは、いいもんですね♪

あ〜、だいぶスッキリしました!
読んでくださった方、ありがとうございました。

さぁ〜、今日も家に帰るのが楽しみ♪
しかも3連休前の金曜日、皆さま、良い週末を。



bebe 「もぉ〜いいか〜い?」

NEC_0070.JPG


くるみ「もぉ〜いいわ〜んっ!」

NEC_0071.JPG 

bebe 「出てくるの早すぎやっちゅーねんっ!」





ニックネーム bebe at 14:49| Comment(12) | TrackBack(0) | ペットログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする